平和に対する行動 参加者の想い

沖縄・辺野古支援に参加しました。

7/16、7/17に、沖縄・辺野古支援へ参加させていただきました。
キャンプシュワブにて座り込み抗議行動を行い、翌日は平和学習バスツアー(普天間基地、嘉手納基地、アブチラガマ、不屈館)という内容でした。
この平和行動を通じて、多くのことを見聞きすることができ、短くも濃い2日間となりました。自身の周りが平和であれば、それは平和だと言えるのかもしれません。しかし、今の沖縄の様子を見て、この国は平和だと果たして断言できるでしょうか。
平和行動を終えた私の答えは、『NO』です。

医事課 髙橋美香

原水爆禁止世界大会に参加するにあたり

今年で、戦後70年、広島および長崎に原爆が投下されてから70年という大きな節目を迎えました。原爆は、莫大なエネルギーによって、人々の平和な生活を一瞬にして吹き飛ばし、灰と化させるほどの恐ろしいものです。たとえ、生きていたとしても、多量の放射線を浴びることにより、人体のDNAが損傷を受け、細胞の修復機能や産生機能が、正常に行えず、癌化したり、白血病を引き起こしたりと人々を苦しめ、死に至らすほどの悲惨なものです。戦後70年が経過した今でも、核を保有しているところは、世界でも多く存在しています。核の利用が、一般市民の平和な生活をおびやかし、妨げています。
広島・長崎での悲惨な出来事が、二度と繰り返して行われないよう、現地での声をしっかりと受け止め、医療生協の組合員さんに伝えたいと思います。

検査科 神山喜之

平和学校へ参加するにあたり

私は7月~11月に実施される全日本民医連が主催する第5期平和学校へ参加します。
平和学校とは、県連・法人・事業所で平和活動の担い手を育成するための学校です。7月に行われた第1クールでは、民医連の平和活動について学び、靖国神社と東京大空襲・戦災資料センター訪問しました。9月には、韓国研修で日本が犯した加害の歴史を学習します。11月は卒業制作と全3クール行われる予定です。

今、国会では安保法案が強行採決されそうな厳しい情勢ではありますが、憲法9条を持つ日本の進むべき方向を考え、全国の仲間と連帯し、平和を守る主体者として成長してきたいと考えています。

医事課 津崎聡子

埼玉西協同病院

TEL:0570-010-323
当院での受診は予約制となっていますので、まず、お電話でご予約ください。
FAX:04-2942-4407

診療時間

午前 8:30~
午後 14:00~
夜間 18:00~ (月・水は急患のみ)

受付時間

午前 8:00~11:30
午後 13:00~16:00
夜間 17:00~19:30

〒359-0002 埼玉県所沢市中富1865
アクセスはこちら

このページの先頭へ